低用量ピルの副作用で多いのって何?

低用量ピルとは、経口避妊薬のうち28日の生理周期を1サイクルとして連続して21日間服用して避妊効果を得ることができる経口避妊薬です。
低用量ピルと呼ばれているのはそれまでの経口避妊薬と比べて含まれる女性ホルモンの量が少なく、それまでのピルで見られた副作用の発現や症状を可能な限り小さくしたものです。
そもそもピルには2つの女性ホルモン剤が含まれており、これらを服用することで一種の妊娠したような状態にします。
女性は妊娠している間は新たな妊娠をすることはありませんが、この理由が女性ホルモンの影響で、排卵を止めてさらに卵管への精子の進入を妨げます。
さらに授精したとしても着床しにくい状態となるので妊娠ができない、つまり避妊した状態にすることができます。
一方で女性ホルモンに限らず外部からホルモン剤を体内に入れた場合には、ホルモンバランスの乱れによってさまざまな弊害が出ます。
それがピルの副作用ですが、低用量ピルはこの副作用が可能な限り出ないようにしたものになります。
低用量ピルの特徴は、21日間連続して決まった時間帯に服用するという点です。これによって少しずつ体内に女性ホルモンを取り入れて妊娠しないような状態にします。
21日間連続で服用したあとは7日間の休み期間を経て再開します。再開時の飲み忘れを防ぐために28錠タイプがあり、この場合には最後の7日分は成分の含まれていない錠剤になります。
低用量ピルといっても副作用が全くないわけではありません。頻度として高いものはホルモンバランスの変化による吐き気、頭痛、倦怠感などです。
また不正出血なども起こる可能性がありますが、これらの副作用は特に飲み始めの人に見られます。理由としてはピルによる変化に身体が慣れていないことによるもで、いずれも次第に慣れていきます。
吐き気や倦怠感に関しては静養するしかありませんが、頭痛に関しては頭痛薬などを使っても問題ありません。また不正出血をしても効果への影響はありません。
これらが飲み始めでよく見られる副作用ですが、一方で稀な副作用としては血栓症があります。
これは女性ホルモンの作用によるもので、喫煙者の場合には喫煙による血栓症リスクと相乗効果を起こすため重度の喫煙者の場合には低用量ピルの処方がされないこともあります。煙草を吸う女性

低用量ピルの副作用で太るってホント?

低用量ピルの副作用としてよく言われるのが太るといったことですが、低用量ピルそのものに身体を太らせるといった作用は認められません。
ただし昔使われていた中用量ピルは太ると言われています。この理由は女性ホルモンの作用です。
ピルには2つの女性ホルモンが含まれていますが、そのひとつエストロゲンは女性らしい身体を作る作用があります。
女性らしい身体というのは全体的に皮下脂肪が付きやすい状態です。さらにもうひとつのプロゲステロンは食欲増すという作用があります。
これらの作用は妊娠期において女性がお腹の中にいる赤ちゃんを育てるために現れるものです。
ただこれらは中用量ピルの場合で低用量ピルでは避妊効果を得られる最小限のホルモン量としており、2つの女性ホルモンの太る理由となる作用が出ないようにしています。
しかし、現実に低用量ピルで太る人はいます。この理由は個人差というもので、特に食欲増すことにより、自制できず食べすぎてしまうといったことで起こると考えられています。
このため低用量ピルを服用する際には自己管理が重要になってきます。特に食事制限や運動なども重要ですし、マッサージなどで身体をほぐすといったことも必要です。
また自己管理は食事だけでなく、薬を飲むタイミングを守る上でも重要になります。
なお、これらの症状は特に飲み始めで大きく現れると言われます。
それまでのホルモンの状態が一度乱されることによって影響を受けやすくなるためですが、3ヶ月程度過ぎれば身体が慣れるのでそれまでの状態に戻ることができます。
また低用量ピルによりホルモンのバランスが整うと、生理痛の軽減や肌荒れの改善といった効果を得ることができます。