低用量ピルは女性の悩みを解決してくれる

低用量ピルというと避妊薬というイメージもありますが、低用量ピルはそれだけではなく、様々な女性の悩みを解決してくれることが期待できます。
低用量ピルは避妊に使うことはありますが、避妊といっても夫婦の時間を少し大切にしたい、仕事が充実しているので今は子供は考えてないなどの理由から避妊をすることもあります。
低用量ピルは避妊以外にも月経不順や月経前症候群のPMSの軽減、子宮内膜症などの予防も期待できます。
低用量ピルを服用することで月経の周期が規則正しい28日周期になるため月経不順の治療が可能になります。
これにより月経の予定のコントロールがしやすくなります。生理になる日をコントロールできるため旅行や生理になりたくないイベントなどにも活用できます。
子宮内膜症の治療にも低用量ピルを服用します。低用量ピルの作用で生理を止めて内膜症の組織を萎縮させることができます。
月経前症候群のPMSのイライラや体調不良などの症状も改善することが期待できます。
このPMSの症状は排卵の前後に起こるエストロゲンなどの急激な変化が影響すると考えることができ、エストロゲンなどに似た作用がもるホルモンを含む低用量ピルを飲むことで排卵を抑制してホルモンを一定にさせてPMSの症状の軽減が期待できます。
低用量ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つの女性ホルモンが含まれています。
これらが脳下垂体に働きかけることで卵胞を成熟させるホルモンの分泌を抑えることができます。
低用量ピルには21錠と28錠タイプがあります。21錠タイプは1錠ずつ21日間服用し、7日間を休み服用を再開するタイプです。
28錠は毎日1錠ずつ服用し休みはありません。そのため飲み忘れを防ぐ効果があります。
飲み方は月経が始まった第一日目から飲み始めるDay1スタートと、月経が始まって最初の日曜日から始めるSundayスタートがあります。ピルは飲み忘れないように工夫することも大切です。
スマートフォンなどで毎日同じ時間にアラームが鳴るようにセットしたり、洗面所にピルを置き朝か夜の歯磨きの時に飲んだり、ランチ後の化粧直しや枕元に置いて寝る前に飲むなど自分に合った方法で忘れないように服用することも必要です。

低用量ピルで大人ニキビも改善できる

肌が綺麗な女性

低用量ピルは避妊だけではなく月経不順やPMSのイライラや憂鬱などの体調不良、子宮内膜症などの症状を改善することが期待できます。さらに大人ニキビにも効果があります。
大人ニキビは生理前に増える男性ホルモンの活性によるもので、低用量ピルを服用することで男性ホルモンの活性を抑えて女性ホルモンを補うことができるため大人ニキビを改善することも期待できます。
男性ホルモンは皮脂分泌を活発にする働きがあり、毛穴を塞いだり、ニキビをできやすくします。低用量ピルを服用することで生理前に増える男性ホルモンを抑えて女性ホルモンを補うことができるため、ニキビに効果的です。
低用量ピルにはエストロゲンとプロゲステロンが含まれており、特にエストロゲンは美肌ホルモンと言われ皮脂分泌を抑え女性らしい体を作ったり、肌のキメを整えるなどの働きがあり肌をキレイにすることも期待できます。
低用量ピルを服用して大人ニキビを改善する期間は個人差がありますが、軽い大人ニキビの場合は1ヶ月程度で効果があらわれることもありますが、長年大人ニキビで悩んでいたり、重度の場合には約3ヶ月程度は必要になります。
低用量ピルを飲んでいても生理のような出血は起こり、21日分服用した場合、ピルを飲まない期間に入って2~5日くらいで軽い生理のような出血があります。
もし妊娠を希望する場合は、ピルの服用を止めると約3ヶ月程度で通常の生理周期に戻るため妊娠も可能です。
月経不順やPMSなど、女性の悩みになっていることは多いものです。
生活習慣や食生活などを見直しても中々改善しない場合や日常生活に支障があるような場合には、産婦人科などを受診して低用量ピルを処方してもらうことも検討することで悩みが解決することもあります。
ここまで紹介してきた低用量ピルの様々な用途を解説しているこちらのサイトでは実際に低用量ピルの通販も可能となっておりますので、これらの症状を改善したいという女性は1度チェックしてみてはいかがでしょうか?