超低用量ピルのヤーズの効果

日本では避妊というとコンドームというのが常識でしたが、世界的に見るとめずらしく、むしろピルを服用する国がほとんどです。初潮が始まると同時に持たせるようにしているという国もあります。
コンドームは男性主体の避妊具ですからたとえ女性の側が望んでも男性が装着してくれなければ意味がありません。それにうまく装着できていなかったり破れたりといったことも多いので失敗率も高いのです。
避妊目的で使用するならピルの方がかなり効果が高いです。それに、女性主体で行うことができます。
ピルは避妊目的以外にも月経周期の調整や月経痛・月経困難症などに用いられることもあります。女性ホルモンが配合されていて女性の身体によい効果をもたらすのです。
ホルモン量によって低用量や中用量などありますが、その中でも最も入っている量を少なくし、それでいて効果が期待できるというピルが超低用量ピルなのです。
ヤーズもその一つです。ホルモンを体内に入れることでどうしても吐き気や頭痛・倦怠感・腹痛といった副作用が出てくる方も多いです。
そのためにピルが使用できなかったという方はぜひ超低用量ピル・ヤーズを試してみてください。
今までは日本では認可が下りていなかったため使用不可で欲しければ個人輸入するしかなかったのですが、最近ようやく認可も下り、医師の処方によりヤーズなど超低用量ピルも購入出来るようになりました。
副作用が少ないとは言ってもまったくないわけではないため、医師の説明を聞き、用法用量を守って使用するようにしましょう。
ヤーズでも血液を固める成分は入っています。喫煙者の方や年齢の高い方は血栓ができやすいため特に医師や薬剤師と相談して服用を決めてください。
個人輸入して自己判断で使用するのは危険すぎます。最近、日本でも認可が下りただけでなく、場合によっては保険が適用となる場合もあるので、ヤーズをできるだけ安く手に入れたいというのであれば当てはまるかどうか調べてみてください。

ヤーズは月経困難症だと保険が適応になる

月経の直前、または月経開始時に下腹部が痛かったり頭痛や腰痛・眠気が襲うといった身体的な症状・イライラや憂鬱といった精神的症状が起こって日常生活にも支障をきたすというのであれば月経困難症です。
診察を受けて医師が診断を下したのであれば保険が適用となります。症状に心当たりがあるのであれば、個人輸入するよりも病院で相談してください。
保険が適用となると自己負担額は全体の3割程度。そのためかなり経済的に助かります。
生理というのは結局妊娠せず使用不可となった子宮内膜が剥がれ落ちることで起こる出血です。このときプロスタグランジンという成分が子宮内膜から分泌されるのですが、これがさまざまな不調の原因となります。
プロスタグランジンには子宮を収縮させて不要になった粘膜が体外にスムーズに押し出されるようにする役割があるため必要なのですが、その役割以上に過剰に分泌されて痛みやだるさが出てきているのです。
ストレスが溜まってホルモンバランスが崩れたとき、身体が冷えて血行が悪くなっているときは特にプロスタグランジンの分泌量は増えてしまいます。
忙しい毎日を送る現代女性は月経困難症に陥りやすいのです。ピルの力でホルモンバランスを整えて毎月を乗り切りましょう。
食事や運動で身体を温めるように心がける・ストレスの発散方法を身につけるなど、日々の生活の改善も必要です。
ホルモンバランスの整えや血行促進は毎日の健康や美容力をアップするためにも大切です。エアコンにより、夏場でも冷えている女性は大勢います。
毎月のようにやってくる生理ですから、お金をかけず上手く乗り切るすべを身につけ、生理自体がストレスとならないようにしましょう。